※本サイトはプロモーションが含まれています。

貧困正味の話 生活に困った時に読む記事

【審査が甘い携帯】ブラックでも新規契約できるスマホ15社がこちら【口座なしOKもあり】

2024-06-27

 

生活保護受給者、中でも特にホームレス経験者は信用関連がネックになってスマホや携帯が契約できないことが本当に多いです。

 

そこで、ブラックでも新規契約できる審査が甘いスマホ・携帯を15社調べてきましたのでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

 

もしくは、皆さんの周りにスマホや携帯が契約できなくて困っている人がいたら、ぜひその人に教えてあげてください。

 

 

 

貧困正味の話とは

毎週述べ50人以上のホームレスや生活困窮者に会う仕事の中で直接見聞きした事をご紹介する「貧困正味の話」。

稀なケースかもしれませんがこれも紛れもない事実の一つ。

全体的な傾向や一般的なケースではない「正味の話」をぜひご覧ください。

>>「貧困正味の話」カテゴリーがこちら

 

 

 

レンタル携帯MVNOサンシスコン

 

 

【10社】審査が甘いorないスマホ・携帯

 

審査の厳しさが原因でスマホや携帯がなかなか契約できない方は「審査が甘いorないスマホ・携帯」に申し込んでみましょう。

 

「審査が甘いorないスマホ・携帯」10社がこちらです。

  1. ahamo
  2. おてがるモバイル
  3. サンシスコン
  4. だれでもモバイル
  5. TONEMOBILE
  6. ビッグローブモバイル
  7. UQモバイル
  8. LINEMO
  9. 楽天モバイル
  10. ワイモバイル

※アイウエオ順

 

 

① ahamo【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

ahamoは一般的には審査に通りやすいと言われている格安SIMです。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

基本プランが20GBの2,970円だけと分かりやすい上に料金自体もそれほど高額ではないので、難しく考えるのが苦手な方に向いています。

ココがポイント

事務手数料が0円なので、基本料金とスマホ代だけで良いのもシンプル。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

契約審査があるので過去にドコモ関連でトラブルがあったり料金不払いなどでブラックリストに載っている方は審査に通るのが難しい可能性があります。

 

また、ahamoでは端末を販売していますが、それを分割で購入する場合は分割審査があります。

これがおすすめ

過去に支払関係で不安がある場合は、以下のようにして分割審査を回避しましょう。

  • 端末を一括購入する
  • SIMのみで契約する

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座がある
  • 複雑なプランが苦手
  • 料金はそれなりに抑えたい
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「ahamo」の公式サイトはこちら

 

 

② おてがるモバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

おてがるモバイルは24時間かけ放題とSMSが付いている審査なしスマホです。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

5つある料金プランのうちデータ通信量が一番少ない1GBプランだと2,970円とお世辞にも安いとは言えない金額ですが、審査なしスマホなのでそこは受け入れないといけません。

ココに注意

最低利用期間(1年間)を経過せずに解約する場合、1か月分の違約金が発生します。

 

24時間かけ放題とSMSが付いているので、「ネットはあまり使わないけど通話料が多かったりSMS認証が多い」という方に向いているでしょう。

 

支払方法は口座振替に対応しているので銀行口座さえあればクレジットカードが無くてもOKです。

 

おてがるモバイルは「審査なしスマホ」なので、ブラックリストに載っている方でも申し込みできます。

 

こんな方におすすめ

  • ブラックリストに載っている
  • 契約できるなら割高でも良い
  • ネットはあまり使わない
  • 電話をよく使う
  • SMS認証が多い
  • 銀行口座がある

 

 

>>「おてがるモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

③ サンシスコン【審査が甘いorないスマホ・携帯】

レンタル携帯MVNOサンシスコン

 

サンシスコンはレンタル携帯として契約した後、最低利用期間の6か月以上利用することで自分名義(MVNO回線)に切り替わる審査なしスマホです。

 

回線は、レンタル回線にソフトバンク回線とドコモ回線、自分名義(MVNO回線)回線にドコモ回線が使われています。

 

8つある料金プランの中でデータ通信量が一番少ない1GBプランで3,278円と割高な代わりに通話料完全無料のかけ放題が付いています。

ココがおすすめ

初期費用の安さ長く利用すると割引が適用される点もおすすめ。

 

支払方法には口座振替以外にも銀行振り込みやコンビニ支払いもあるので、銀行口座を持っていなくても支払い可能です。

 

審査なしスマホのサンシスコンは通信インフラを提供して携帯審査ブラックの人たちを支援する通信会社で、創業9年目で25,000人以上の方にレンタルスマホを提供してきました。

 

支援実績がしっかりしているので、ブラックリストに載っていてスマホや携帯を諦めていた方や銀行口座を持っていない方に最適です。

 

こんな方におすすめ

  • 携帯ブラックだけどスマホがどうしても必要
  • 他のスマホで断られ続けてきた
  • 契約できるなら割高でも良い
  • 銀行口座を持っていない

 

 

>>「サンシスコン」の公式サイトはこちら

 

 

④ だれでもモバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】

だれでもモバイル

 

だれでもモバイルは「ブラックリストでもスマホ契約!!」を謳っている審査なしスマホです。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

料金プランは以下の4種類があり、それらをデータ通信量で区別すると20種類以上もあるのでかなり複雑です。

  • 10分かけ放題+データSIM料金プラン
  • 電話かけ放題料金プラン
  • 電話番号認証用SMS+データ通信専用SIMプラン
  • データ通信専用SIMプラン

 

全てを比較するのは大変なので、自分の使い方を大まかにイメージしておいて都合に合わせてピンポイントで選ぶのが良いでしょう。

 

ちなみに「10分かけ放題+データSIM料金プラン」の1GBだと1,990円なので、ネットをあまり使わず1回の通話が10分以内の方にとっては(3,000円を超える通信会社もある事を考えると)最安ではないものの許容範囲でしょう。

 

支払方法は口座振替に対応しているので銀行口座さえあればクレジットカードが無くても支払いができます。

ココに注意

月額料金は前払い制です。

利用前月の27日に口座振替で支払います。

審査なしスマホなので前払いできることが最低限の信用になります。

 

だれでもモバイルは「安くて良質な携帯電話をすべての人に提供し生活の安定をサポート」をコンセプトにしているため審査がありません。

ココがポイント

審査なしを謳っていますが不払者情報の交換には参加しているため、未納に関する情報は把握されているものと思われます。

 

また、端末を販売していないので分割審査もありません。

ココに注意

端末を販売していないので、あらかじめ自分で端末を購入しておく必要があります。

 

こんな方におすすめ

  • 携帯ブラックだけどスマホがどうしても必要
  • 他のスマホで断られ続けてきた
  • 契約できるなら割高でも良い
  • 月額料金を前払いできる
  • 銀行口座がある

 

 

>>「だれでもモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

⑤ TONEMOBILE【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

TONEMOBILEは一般的には審査に通りやすいと言われています。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

料金プランは月額1,100円の1つだけですが、動画以外ならネットが制限なしで使える代わりに動画は1GBまでという制限があります。

 

Wi-Fiに接続して動画を観る方には問題ないですが、Wi-Fi環境が無い方は動画チケットを購入する必要があります。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

過去にスマホや携帯関連でトラブルがあったり料金不払いなどでブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座がある
  • Wi-Fi環境がある
  • ネットをよく使う
  • でも動画はあまり観ない
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「TONEMOBILE」の公式サイトはこちら

 

 

⑥ ビッグローブモバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

ビッグローブモバイルも一般的には審査に通りやすいと言われています。

 

回線はau回線、ドコモ回線から選べます。

 

料金プランはデータSIMと音声通話SIMの2種類があり、料金自体はかなり安い部類に入ります。

 

動画や音楽が通信量にカウントされない「エンタメフリー」というオプションがあるので、料金を気にせず動画や音楽を楽しみたい方に向いてます。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

過去にスマホや携帯関連でトラブルがあったり料金不払いなどでブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座を持っている
  • 信用関係で不安があまり無い
  • 料金を気にせず動画や音楽を楽しみたい

 

 

>>「ビッグローブモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

➆ UQモバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

auのサブブランドのUQモバイルは比較的審査がゆるいと言われている格安SIMです。

 

回線はauの回線が使われています。

 

料金は他者に比べかなり安い部類に入り、1GBプランだと990円、20GBでも3,278円で済みます。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

ココに注意

他の支払い方法もあるのかもしれませんが、公式HPが致命的に分かりにくいです。

プランを探す際などは面倒くささを覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

UQモバイルはauのサブブランドなので、au関連で過去にトラブルがあったりブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

その代わり、午前中に申し込みをすると早ければ夕方に結果が出る場合もあるので急いでいる方にはおすすめです。

 

こんな方におすすめ

  • 急いでいる
  • 銀行口座がある
  • 月額料金を安く抑えたい
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「UQモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

⑧ LINEMO【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

ソフトバンク系列のLINEMOも比較的審査がゆるいと言われている格安SIMです。

 

回線はソフトバンクの回線が使われています。

 

料金は3GBで990円、20GBでも2,728円とかなり格安の部類に入ります。

ココがおすすめ

契約事務手数料が0円なので初期費用を抑えたい方にもおすすめ。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

契約審査と分割審査があるので、ソフトバンク関連で過去にトラブルがあったりブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座がある
  • 初期費用を抑えたい
  • 月額料金も安く抑えたい
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「LINEMO」の公式サイトはこちら

 

 

⑨ 楽天モバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】



楽天モバイルは楽天グループの格安SIMで審査が比較的ゆるいと言われています。

 

回線は楽天の自社回線が使われています。

 

料金は3GBで968円、20GBでも2,068円と、先ほどのLINEMOよりも更に安くかなり格安です。

ココがおすすめ

契約していると自然と楽天ポイントがたまっていき、その楽天ポイントで支払いもできるので楽天ユーザーには最適です。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

過去にスマホや携帯関連でトラブルがあったり料金不払いなどでブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座がある
  • 楽天をよく使う
  • 月額料金を安く抑えたい
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「楽天モバイル」の公式サイトはこちら

 

 

⑩ ワイモバイル【審査が甘いorないスマホ・携帯】

 

ソフトバンク系列のワイモバイルも比較的審査がゆるいと言われている格安SIMです。

 

回線はソフトバンクの回線が使われています。

 

料金プランがたった3つで分かりやすく金額も最安値クラス。

 

支払方法はクレジットカード払い以外に口座振替にも対応しているので、銀行口座を持っている方なら検討してみても良いでしょう。

 

審査が比較的ゆるいと言われていますが、それはあくまで一般的な話。

 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンク関連で過去にトラブルがあったりブラックリストに載っている方は審査を通るのが難しい可能性があります。

 

こんな方におすすめ

  • 銀行口座がある
  • 複雑なプランが苦手
  • 月額料金を安く抑えたい
  • 信用関係で不安があまり無い

 

 

>>「ワイモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【5社】ブラックリストに参加してないスマホ・携帯

 

ブラックリストに載っていることが原因で審査に落ちている方は「ブラックリストに参加してないスマホ・携帯」に申し込んでみましょう。

 

「ブラックリストに参加してないスマホ・携帯」5社がこちらです。

  1. IIJmio
  2. イオンモバイル
  3. エキサイトモバイル
  4. 誰でもスマホ
  5. リンクスメイト

※アイウエオ順

 

ココがポイント

ここでは、調べた時点で一般社団法人テレコムサービス協会(TELESA)一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)の「情報交換をする事業者」に含まれていない5社をご紹介しています。

必ずしも審査が無いわけではありませんので、場合によっては審査に落ちる可能性もあることは理解しておく必要があります。

 

 

① IIJmio【ブラックリストに参加してないスマホ・携帯】

 

IIJmioは「情報交換をする事業者」に含まれていない格安SIMです。

 

回線はau回線、ドコモ回線が使われています。

 

料金プランは音声・データ・SMS・eSIMなどがありデータ通信量で細かく分かれていて複雑ですが、金額的には最安値クラスです。

ココがポイント

ちなみに電話番号を取得する音声プランの中でデータ通信量が一番少ない2GBプランではたったの850円。

 

支払方法はクレジットカードのみ。

 

ブラックリストに載るなど信用面で問題がある方はクレジットカードを持つことも難しいと思われますので、契約のハードルは低くはないかもしれません。

 

また、「情報交換をする事業者」には含まれていないものの契約時の審査が無いわけではないので、場合によっては審査に落ちる可能性があることは理解しておく必要があります。

 

こんな方におすすめ

  • ブラックリスト以外に不安点が無い
  • クレジットカードを持っている
  • 月額料金を安く抑えたい

 

 

>>「IIJmio」の公式サイトはこちら

 

 

② イオンモバイル【ブラックリストに参加してないスマホ・携帯】

 

イオンモバイルは「情報交換をする事業者」に含まれていない格安SIMです。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

料金プランがデータ通信量で20個以上に区分されていて複雑ですが、金額自体は最安値クラスです。

ココがポイント

利用人数1人の1GBプランではたったの858円、超大容量の200GBでも11,858円という金額です。

 

支払方法はクレジットカードのみ。

 

ブラックリストに載るなど信用面で問題がある方はクレジットカードを持つことも難しいと思われますので、契約のハードルは低くはないかもしれません。

 

また、「情報交換をする事業者」には含まれていないものの契約時の審査が無いわけではないので、場合によっては審査に落ちる可能性があることは理解しておく必要があります。

 

こんな方におすすめ

  • ブラックリスト以外に不安点が無い
  • クレジットカードを持っている
  • 月額料金を安く抑えたい

 

 

>>「イオンモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

③ エキサイトモバイル【ブラックリストに参加してないスマホ・携帯】

 

エキサイトモバイルは「情報交換をする事業者」に含まれていない格安SIMです。

 

回線はau回線、ドコモ回線が使われています。

 

料金プランは段階料金プラン定額料金プランの2種類があり、その中で音声・SMS・データの3種類、さらにデータ通信量で細かく分かれているため複雑です。

 

低速通信のみ、もしくは少量のGBなら格安ですが、25GBを超えたあたりから高額になり他との差が無くなってきます。

 

支払方法はクレジットカードのみ。

 

ブラックリストに載るなど信用面で問題がある方はクレジットカードを持つことも難しいと思われますので、契約のハードルは低くはないかもしれません。

 

また、「情報交換をする事業者」には含まれていないものの契約時の審査が無いわけではないので、場合によっては審査に落ちる可能性があることは理解しておく必要があります。

 

こんな方におすすめ

  • ブラックリスト以外に不安点が無い
  • クレジットカードを持っている
  • ネットの利用料が少ない

 

 

>>「エキサイトモバイル」の公式サイトはこちら

 

 

④ 誰でもスマホ【ブラックリストに参加してないスマホ・携帯】

誰でもスマホ

 

誰でもスマホは申し込み者の99.8%が契約できる審査なしスマホです。

ココがポイント

運営会社の株式会社アーラリンクは、調べた時点では「情報交換をする事業者」に含まれていませんでした。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

料金プランはデータ通信量で7つに分かれていて他のブラックリストに参加してないスマホに比べると割高ですが、代わりに無料で24時間通話することが出来ます。

 

支払方法は口座振替とコンビニ支払いなので銀行口座を持ってなくても大丈夫です。

 

誰でもスマホは「誰でもスマホが持てる!」をコンセプトにしている審査なしスマホです。

 

こんな方におすすめ

  • 携帯ブラックだけどスマホがどうしても必要
  • 他のスマホで断られ続けてきた
  • 契約できるなら割高でも良い
  • 銀行口座を持っていない

 

 

>>「誰でもスマホ」の公式サイトはこちら

 

 

⑤ リンクスメイト【ブラックリストに参加してないスマホ・携帯】

 

リンクスメイトはゲームとの連携がウリのゲーマー向け格安SIMで、調べた時点では「情報交換をする事業者」に含まれていませんでした。

 

回線はドコモの回線が使われています。

 

料金プランは「データ通信のみ」「SMS+データ通信」「音声+SMS+データ通信」の3種類に分かれており、そこから更にデータ通信量によって細かく分けられています。

 

金額的にはブラックリストに参加してない格安SIMの中では可もなく不可もなくですが、ゲーマー向けらしく最大1TBまでのプラン(49,852円)があるのが特徴です。

 

ココがポイント

支払方法はクレジットカードが基本となっていますが、LP(リンクスポイント)と呼ばれる独自のポイントで支払う事もできます。

LPは以下の方法で購入することができるのでクレジットカードを持っていない方でも支払いができます。

  • コンビニエンスストア決済
  • 銀行決済
  • クレジットカード決済
  • Apple Pay
  • Google Pay

 

審査については「情報交換をする事業者」には含まれていないので携帯ブラックの方でも審査に通れるかもしれません。

 

しかしゲーマー向けをコンセプトにしているため、ゲームとの連携やポイントなどシステムが特殊です。

 

ゲーマーではない方が審査を回避するためだけにスマホや携帯を持ちたい場合にはあまりおすすめではありません。

 

ココがポイント

逆にゲーマーなら検討の価値は大いにアリです。

 

こんな方におすすめ

  • 携帯ブラックだけどスマホがどうしても必要
  • 他のスマホで断られ続けてきた
  • 銀行口座を持っていない
  • ゲームガチ勢

 

 

>>「リンクスメイト」の公式サイトはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ:おすすめはサンシスコン【ブラックでも新規契約できる審査が甘いスマホ・携帯】

 

毎週述べ50人以上のホームレスや生活困窮者に会う仕事をする中でおすすめだと感じたのはサンシスコン

 

その理由は、とある審査なしスマホにすら断られた方がいたのですが、そんな方でも受け入れてくれたのがサンシスコンだったからです。

 

もちろん場合によって結果が変わることがあるとは思いますが、審査なしスマホにすら落ちた方を受け入れた事例が実際にあったので、今のところはサンシスコンをおすすめします。

 

>>「サンシスコン」の公式サイトはこちら

 

スマホや携帯が契約できない生活保護受給者、中でも特にホームレス経験がある方なら、審査なしスマホを片っ端から申し込んでみてはいかがでしょうか。

サンシスコン以外の審査なしスマホ

 

 

 

 

レンタル携帯MVNOサンシスコン

 

 

-貧困正味の話, 生活に困った時に読む記事
-, , , , , , ,

Copyright© したむきライフ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.